ファスタナは、1日のうち1食を置き換える事によってダイエット効果が期待できる商品です。

しかし、置き換え生活を始めたばかりの頃は空腹を感じたり、慣れないため辛いと感じる事もあるでしょう。

その様な場合に、置き換え生活に慣れて乗り切るためのコツを紹介します。

置き換え生活の食事に関する考え方

置き換え生活を行っている期間中は、食べ物のカロリー摂取量が問題視されます。

辛いと感じた時には、深く考えないということも大切です。

カロリーを摂取しすぎなければ良い

カロリーを摂取しすぎなければ良い

量を食べてしまったとしてもカロリーが抑えられているのであれば、問題はありません。

朝食を置き換えるのであれば、昼食や夕食はカロリーの低い食材を使用した料理を、食べたいと思う量だけ食べても良いでしょう

そのためには、メニューや食材に関する知識も学習しなければなりません。

もしくは、1週間に1度だけ置き換えるとしてもカロリーを気にせず好きなものを食べる日などを作りましょう

ストレスは、高カロリーな食事と同様にスリム内体型を目指す妨げとなります。

置き換え生活は無理をしすぎないことや、気分転換も大切ですよ。

空腹時の乗り切り方

置き換え生活をしていると、置き換えた食事の後に空腹を感じる場合もあります。

おすすめの飲み物

空腹時の乗り切り方(オススメ飲み物)

置き換えて食事をしたのにも関わらず空腹を感じた場合、カロリーの低い飲み物などで空腹を紛らわせる必要があるでしょう。

置き換え生活中、空腹時におすすめの飲み物は、炭酸水や無糖のコーヒーや紅茶などです。

コーヒーは、少量ずつ飲むことで満腹感を得る事に繋がります。

シロップやミルクはカロリーを摂取することになってしまうため、注意が必要です。

さっぱりとしたい時には、手作りのレモン水がおすすめ。

作り方は非常に簡単です。

水にレモン汁、もしくはレモンのスライスを入れるだけ。

体を冷やすと新陳代謝が悪くなるため、冷たい飲み物は避けて常温か温めて飲むようにしましょう。

食べない環境を作る

空腹時の乗り切り方(食べない環境)

食べ物を食べたいという欲求を減らすという方法も有効です。

その方法が、歯磨きをしてしまうという方法。

特に夜の空腹時におすすめの方法です。

歯磨き粉の香りで、空腹を解消する効果が期待できます。

また、歯を磨いた後に食べ物を入れてしまうと、再度歯磨きをしなければなりません。

このハードルは、疲れている時にはある種の障害となります。

そのため、夜の食事を置き換える場合には、早めに歯磨きを済ませてしまうという方法も有効です。

完食するならコレ

置き換え生活中は、お腹いっぱいご飯を食べるという行為を避けてしまいます。

しかし、置き換え生活にストレスを感じた場合に、完食をしても良いローカロリーなメニューやおやつもあるのです。

白米も完食可能

白米も完食可能

置き換え生活中でも白米を完食したい場合、お米そのままではカロリーが高くなるため、ローカロリーな食材を混ぜてアレンジをしましょう。

白滝やコンニャクを米粒大に切り、白米に混ぜます。

半分を白滝もしくはコンニャクにすることで、お茶碗一杯の白米を完食したとしてもカロリーは半分になるのです。

そのため、罪悪感もなく完食できる上に満足感も得る事ができるでしょう。

 

一般的に、食事量が最も多くなる食事は夕食です。

つまり、置き換え生活中は夕食の内容がダイエットの鍵となります。

置き換え生活中は夕食の摂取カロリーを減らすことによって、成功に近づくでしょう。

ただし、夕食を我慢したために強い空腹を感じ、眠れなくなるというケースも珍しくはありません。

睡眠の質が低下することは、美容と健康にも悪影響となります。

温野菜で満足感を

温野菜で満足感を

夕食を置き換えるためには、魚類や鶏のささみを使用したスープがおすすめです。

温野菜は、消化をした後も空腹を感じにくいメニューです。

スープに入れる事で、更に満腹感を得る事ができるでしょう。

甘いものが食べたい場合には、洋菓子を避けて和菓子にします。

寒天や黒蜜などは置き換え生活中におすすめのおやつです。

ファスタナ(FASTANA)のトップへ